SFA解説サイト

SFAとは何か説明します

SFAとは、営業支援を目指したシステムのことを言います。そもそもSFAは「勘」「根性」「経験」の営業から「科学的」「自動的」な営業に営業を改善するということからアメリカから1985年あたりにやってきた概念です。今までは営業マネージャーのための管理ツールとして活躍してきました。しかし、最近では現場の営業マンをアシストするためのツールとして活躍をしているそうです。つまり、本来の意味は営業のプロセスや進捗状況を管理して、営業活動を効率化するためのシステムということです。情報共有や分析を行うことで、これまで営業マンが個人個人で行ってきた活動から、組織的な活躍をすることが出来るようになったのです。主に2つの目的で利用されています。1つ目は、営業活動のプロセスを可視化することです。2つ目は、営業マンの行動を管理することです。

中小企業まで浸透したSFA

営業をしている人なら今や常識となりつつあるのがSFAです。これは営業管理(支援)システムのことで、1995年頃のアメリカで使われるようになったビジネスシステムです。数年前までは大企業でしか導入されてこなかったシステムですが、近年では中小企業でも導入されるようになってきました。その要因の一つがシステムの単価が非常に安価になってきたことが挙げられます。今ではIT関連のメーカーはどこも売り込みに躍起となっているため、価格競争が起こって安くなってきたのです。このSFAを用いることで、営業部門の効率化を促進することができ、管理者にとっては無駄の削減につなげていくことが可能となります。営業はどの企業でも欠かせない分野です。まだSFAを導入していない企業があったら積極的に取り入れていくことが今後求められていきます。

SFAで売り上げをアップ

日本には魅力的な商品を扱っている企業がたくさんあります。それなのに売り上げにあまり反映されてないケースがあるのです。どんなに素晴らしい商品を開発しても、それを知ってもらえなければ購入する人はいないのです。そのような企業はSFAを導入することを検討するべきでしょう。このSFAはパソコンやインターネットを活用して営業を支援するシステムとなっています。これを活用することによって今までの営業の欠点を見つけられる可能性が高まるのです。その欠点を改善することで、魅力的な商品をより多くの人々に売り込むことができるようになります。今では中小企業でも当たり前に活用されるようになったSFAですが、それでも普及率は決して高いとは言えません。これを活用すれば日本の景気を底上げして景気へと導いていくようになるはずです。

営業支援システムは数多くあれど、ネクストSFAほど初めてのSFAにぴったりなものはありません。 チームの営業マンが一日何をしていたか把握していますか。もし知らないようであればSFAを導入する理由になります。 SFAはSalesForceAutomationの略で日本語でいうと営業支援システムとなります。元々アメリカで生まれた概念です。 SFAならネクストSFAというツールがおすすめです。