管理から支援に移り変わっているSFA

SFAは営業支援システムとも営業管理システムとも呼ばれています。従来のものはどちらかというと営業管理と言ったほうがいいかもしれません。つまり営業マンを管理するために利用していたのです。営業マンは逐次報告しなくてはいけないため、そのための時間がかかって決して効率的とは言えませんでした。しかし、現在では営業支援が主流となってきているのです。営業マンをサポートするわけです。どのようにすることで効率よく営業できるかをパソコンやインターネットの情報通信技術を駆使することになります。従来のものは営業マンは非常に窮屈な思いをされていましたが、現在のものは非常に伸び伸びと営業できると好印象となっているのです。昔、不評でSFAを取りやめた企業も、もう一度導入しなおしてみてもいいかもしれません。次はきっと成功するはずです。

数多くあるSFAを扱っているメーカー

営業面を強化するためにSFAを導入しようとしている企業は少なくありません。しかし、それを扱っているメーカーは実に数多く存在しているのです。そのため、どのメーカーのものを選べばいいか迷ってしまうところも少なくありません。企業の社運もかかっているため、安易に選ぶわけにはいきません。だから、いくつかのメーカーから資料請求をして吟味することとなります。最近ではその各メーカーの資料請求を一手に行ってくれるサービスを導入しているところもあるのです。SFAを導入することによって、今まで営業マンがどのような働きをしていたのか判らなかったものが具体的に判るようになるのです。いわゆる「見える化」です。これを進めていけば、今までの営業で何が足りなかったのかを熟知して、それに応じた対応策を講じることができるようになるはずです。

導入が増えているSFA

現在では様々な業務で電子化が進んでいます。営業というような仕事も同様です。営業でも電子化が進んでおり、コンピュータなどを使用するというような企業も少なくありません。営業支援システムであるSFAもそうした営業の効率化を図るためのコンピュータを使った電子化の一つです。こうした営業支援システムが導入される以前はそれぞれの営業の成果などは日誌によって共有化されるというようなこととなっていたのですが、やはりそれでは効率が悪いものです。やはり電子化されたコンピュータなどを使った方法による方が、何かと便利であり更なる効率化を図ることができ、それによって営業の生産性を挙げることができるようになるということなのです。そのためにこうした営業支援システムを導入しているというような企業が近年、増えてきているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*