SFAついて~効率よい営業活動のためのシステム

SFAとは、『セールスフォースオートメーション』の略称です。『セールス』は営業などを意味し、『フォース』は力などを意味します。ですから『セールスフォース』で、営業や販売の力や、それらを担う人材そのものを意味することが多いです。そして『オートメーション』は自動操作と言った意味があります。ですから、これらが組み合わさったSFAと言う言葉は、営業の方法や進捗状況を管理し、営業活動をスムーズに行うためのシステムという意味を持ちます。このシステムを利用することで、ひとつは営業活動が目に見えるものになるというメリットがあります。それまでは、単に注文を受けた数としてでしか評価されなかった営業を担う人の行動が、このシステムによって、それ以外の点でも評価され、また社内における商品開発などの現場でも活かされるようになりました。またそのことで、そうした営業の方法や内容を社内全体で統一し、管理、指導できるようにもなりました。効率よくものを売り、そのために効率よく売れるものを作る、そのために必要なシステムがSFAと言えます。

SFAとは~営業活動に対する後方支援

SFAとは、効率よい営業、販売活動のためのシステムのことを意味します。目に見えるものだけでなく、その会社で扱っているサービスを販売することは、会社の利益を上げる上で非常に重要なことです。その重要な役目を担っているのが営業担当している人の存在です。そのため、そうした人たちの営業活動を支援することは、収益増加のためにも欠かすことができないものだと言えます。過去の売り上げデータや、どこでどういったサービスが求められているかなどの情報は、これまでは営業担当者個人のみが把握していることがほとんどでした。また、受注数にはつながらなかったものの、会社にとって有益な情報なども、目に見えないために評価されないと言うことも少なくはありませんでした。そうしたものを社内で共有化することで、たとえば現場では、より良い、そしてより売れるサービス開発につなげる、あるいは営業を担う人の間では、より受注数につながる営業活動のための教育や指導に活かすと言う目的が、SFAにはあります。最近では、パソコンなどの情報端末を使用し、営業活動の中で生じた様々な情報を社内で共有化するというシステムが、このSFAに該当します。

営業のサポートになるSFAとは?

営業する人のサポート役をするのがSFAです。SFAとは、営業システムの事を言います。例えば、数多くある名刺を管理したり、顧客名簿を整理したり、営業日報を入力し第三者が閲覧出来るように設定も出来ます。営業職をしてる際、どんなお客様だったのか、話した内容はどういった内容だったのか、忘れないうちにノートに書き写しておく必要があります。話した内容を忘れないうちに書き留めておけば、次回の商談時に役に立ちます。コミュニケーションを行うことで、商談がしやすくなるので、相手を知る事も仕事です。より親密な関係になれば、商談が成立しやすくなる為、新たに顧客を得ることも可能になります。営業する時は、SFAを最大限に生かすにはどうしたらよいでしょうか。商談の際に得た情報は、こまめに入力し、頂いた名刺は必ず整理し保存しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*